エタニティリングをプレゼントして永遠の愛を約束する

新郎新婦

結婚式と二次会の服装

2人の女の人

華やかな舞台での服装

結婚式に着ていく服は男性であればスーツですが、女性は統一したルールがない為、お洒落の勝負どころと言えるでしょう。披露宴では華やかなパステルカラーやシャンパンゴールドなどのドレスが流行ですが、シックに和装するのも日本人らしい装いが演出できます。また新しくドレスを購入するには金欠の場合、持っているワンピースにコサージュを付けたり花かざりをするだけで披露宴用に演出出来ます。近年、低価格の披露宴や式がさかんになってきていることもあり、披露宴や二次会ドレスを自分で作ったり、低価格のものをアレンジしたりする「オリジナリティ」溢れるものも個性的で良い印象に見られます。ただし披露宴ドレスも二次会ドレスも新婦さんより目立たない事が原則のルールです。

式と二次会の使い分け

結婚式では新郎新婦をメインとして親族やお世話になった方たちなど知らない人も多数集まる為、フォーマルな華やかさが求められますが、二次会の場合は少し崩した格好をしても許されます。二次会はカラオケや居酒屋、レストランなど様々な場所で行われますが、新郎新婦からゲストに対してのお礼も兼ねた会である事から華やかさというよりは「楽しさ」がメインです。ですから、カジュアルなシャツとパンツや二次会ドレス、ワンピースなど動きやすく飲みやすい格好をしても大丈夫です。場に合わせた格好であればかしこまらなくても良い為、二次会のみ二次会ドレスを着て参加したいという人も実際多いのです。ビンゴ大会や友人からの催しものなど楽しいパーティーには自分らしい格好で着飾るのが1番素敵と言われています。